ローヤルゼリーとインスリンの働きについて

  • 夏バテ対策

ローヤルゼリーとインスリンの働きについて

最近ではメタボや生活習慣病が騒がれていますが、その大きな原因が欧米化した食生活です。
肉中心の食事を続けることや肥満は糖尿病になるリスクを高めてしまいますが、ここでは糖尿病と大きな関係を持つインスリンとローヤルゼリーの関係について紹介します。

糖尿病自体がいろいろな症状を起こすわけではないのですが、糖尿病の恐ろしいところは他の病気との合併症を起こしやすくなることです。
有名な症状としては神経麻痺や腎機能障害で、最悪足や指の切断や、腎不全による透析開始や、失明を引き起こす場合もあります。
糖尿病は一度なってしまうと完治することはできないので、病気になる前に予防することが最も重要です。

もちろん糖尿病と診断されても、食事制限や投薬を続ければ合併症を防ぐことはできますが、中にはインスリン注射が必要になる人もいて、そうなれば生活にもいろいろな影響を与えてしまいます。
糖尿病になる多くは美味しいモノが好きな人なので、辛い食事制限をしなければいけなくなる前に糖尿病の予防をして下さい。

糖尿病の一番の予防は、暴飲暴食や喫煙をしないように心掛けることですが、ローヤルゼリーもその予防に役立つといわれています。
糖尿病を予防するにはバランス良く栄養素を摂ることが必要となりますが、ローヤルゼリーには人間は摂るべき栄養素がバランスよく含まれています。

さらにローヤルゼリーだけに含まれるデセン酸という成分が、インスリンと似た働きをし、血糖値を下げる働きがあるといわれています。
糖尿病は膵臓でつくり出される血糖値をコントロールするインスリンが正常に出なくなることで起きる病気ですが、インスリンと同じような働きをデセン酸が行い、さらにデセン酸は膵臓の働きを良くする効果もあり、糖尿病の予防や改善には高い効果があるとされています。

このように、ローヤルゼリーにはインスリンと似た働きをするデセン酸という成分が含まれていて、血糖値を下げる働きをします。
さらにインスリンをつくり出す膵臓の働きを良くする効果も持っています。

ページのトップへ戻る