ローヤルゼリーのスキンオイルとは

  • 夏バテ対策

ローヤルゼリーのスキンオイルとは

ローヤルゼリーの歴史はとても長く、そのはじまりは1900年代で、当時危篤状態にあったローマ教皇にそれを与えたところ体調が回復したという話が有名です。
その後日本をはじめ世界中でその使用は広まりましたが、ここでは数ある関連商品の中からスキンオイルを紹介します。

ローヤルゼリーは、ミツバチが女王蜂のためにつくる特別食です。
働きバチが花粉などを食べ体内で分解し、再び合成させた液体で、1匹の働きバチがつくり出せる量は極わずかで、それはまとめて蜂の巣から抽出されます。
それを食べて育った女王蜂は、他の蜂と比べて体格が2倍~3倍も大きくなり、驚くことに寿命は40倍にもなるといわれます。

そんなローヤルゼリーは昔から滋養強壮効果が強いモノとして知られてきましたが、今ではその中には健康に良い成分の他にも、ビタミンやミネラルやアミノ酸など、美容効果も高い成分がたくさん含まれていることが分かり、美容成分としても多くの化粧品に配合されています。
さらにローヤルゼリーにはそこにしか含まれていない特別成分であるデセン酸や類パロチンも含んでおり、これらが美容や健康により高い効果をもたらすといわれています。

生のローヤルゼリーは、白っぽいクリーム状になっていますが、生の状態だと空気に触れた瞬間から劣化がはじめるため、これをスキンオイルにするにはカプセル状にしなければいけません。
したがって現在販売されているローヤルゼリーのスキンオイルはカプセル状になっていて、それを夜の集中ケアとして1粒を1回分として肌に塗布します。
一般的には化粧水を縫った後に顔にまんべんなく広げてもらえればいいのですが、首やハンドケアや他の部分に使用しても構いません。
そうすることで、モチモチで艶のある肌に変化していきます。

このように、今では高い美容効果があることがわかり、多くの化粧品に配合されているローヤルゼリーですが、それが配合されたスキンオイルも発売されていて、高い美容効果を得られると評判となっています。

ページのトップへ戻る